Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Twitterやってます
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
死にやがってバカ野郎。
先月、お釈迦様の誕生日である8日に
大事な友人が自殺しました。

もうショックで・・・というのは嘘で
とうとう逝ったか。という感じ。

あっちに行く前にちょっと寄ってね、言い残しとか聞くからね。って
毎日毎日想っています。

今月納骨が終わったら全部書きますけど

さっき
ひとりで本気で号泣してました。
youtubeで今井美樹の「幸せになりたい」という曲を聴いて。


満身創痍で東京に戻ってくる私に
彼女が思いを歌詞に重ねてくれた曲です。
「シチュエーションは違うけど、綾子が近くにいてくれるのは私にとってとても嬉しいことだよ」って言ってくれた。



死にやがって。
ばか。
もう会えないじゃんか。

会いたいよぉ。
残されたほうは淋しいよぉ。




 
posted by: あやこ | 日々のこと(2) | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
意外な自己像
【日々のこと(2)】

土曜日、東京の井の頭公園というところに行きました。片道2時間かけて。

予定より長くなってしまった春休みも残りわずかとなり
休みの終りに
大好きなsayoちゃんに会って、一方的に決意表明とかもして自分をチューニングしておこうと思った。
sayoちゃんとは春休み中に花やしきにも行ったけど、今思うとあのころはまだまだ私ボロだったなー(笑)


最近はどこに誘ってもついてこないかんちゃんが
なぜか
sayoちゃんとのおでかけには即答で「行く」と言う。
そして、sayoちゃんともsayoちゃんちの姫たちとも不思議なぐらい自然体で接しているのが面白い。

井の頭公園といえばボート。
手漕ぎ派・足漕ぎ派のリクエストと定員の縛りの関係で
子供を交換する形での乗船に。
かんちゃんとsayoちゃんがスワンボート、私と姫ふたりが手漕ぎボート!
(実は私手漕ぎボート大好き。結構得意。)





sayoちゃんはスワンボートを漕ぐことをきっぱりとかんちゃんに任せて
姫の写真や動画を撮影する係。
そして
私が手漕ぎボートを漕いでいるところを(たぶん何気なく)動画に撮って、LINEで送ってくれた。
(FaceBookにアップしたやつ)



毎度前置きが長いのね、私。ここから本題。

正直、びっくりした。

鏡ではわからない、写真にも写らない、動いている自分を今まで見たことあっただろうか?と思った。
何度も何度も見た。

思っていたより痩せている。腕なんか折れそうに細い。
そして、思っていたより笑っている。
遠目のせいか、自分で思ってたほどブスでもなかった!

うぬぼれだと思われたくないので説明しますが
ブスかどうかって、自分で思うことだと思うのね。
たとえ何万人から「美人ですね」って言われたとしても、自分が自分の容姿を認めていなければ
自分は一生ブスなわけです。
「なに言ってんの?この人。そんなわけないじゃん。」とかって自分で勝手に否定する。

いままで自分の容姿を自分で認めたことがなかった。
着ているものを褒められることはよくあったし、それに対する賞賛はありがたく受け入れてこれた。(独特のファッションセンスなのでね)それも容姿に対するコンプレックスに由来するものだったし。

その、数秒の短い動画を見て
ふぅ〜ん。あたしって、こんな感じなんだ〜。と思った。
いきなり点数上がった感じ(笑)
※しつこいけどあくまでも自己採点で。

なんかひとつ着地した。

人は見た目が9割だっけ?そんな本あったね。
今の私の見た目は天から与えられたものではない。
情報収集をし理論を理解し行動を実践しつづけてきた結果がもたらしたものだ。
自分で自分を賞賛する価値がある。
努力して得た容姿だ。

2008年からの私の変容の結果なのだ。
ほんとうに、そろそろ自分を認めなければ。

エレガントな感じで行こう。
そのほうがいろいろ円滑に行くのではないかと思った。














 
posted by: あやこ | 日々のこと(2) | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) |-
健康診断って。
【日々のこと】

新しいお仕事先に提出しなければならない書類がいくつかあります。
誓約書とか通勤届とか
まあ社会通念としてごく当たり前のものですが
その中に健康診断書というのがありまして。

まあ、これも必要でしょう。感染症などがあれば大変なことになりますからね。

で、
今日、朝っぱらから病院に行ってきました。

8:30からの診察時間に合わせて到着すると、受付番号が30番でした!
老人ばっかり。

1時間近く待たされたあと、
採血・採尿・心電図・胸部レントゲンと検査室を廻り、最後にドクターの問診。

レントゲンは異常なし。
「具合が悪いところはありませんか?」と訊かれ
「ありません。」

血液検査の結果は1週間後だそうです。


さて、お会計。

脳震とう起こしそうになりました。

18230円

どこも痛くないのにさ
何年も病院にかかったことないのにさ
血液いっぱい採られて
こんなにお金がかかる。

18230円って、何に対する対価よ?
これで大きな病気でもみつからない限り、「あー健康診断受けて良かった。高かったけど。」って思えないね。
元とれないよね。

職員を雇うときに健康診断書の提出を求めることは当然のこと。
これからお世話になるところに自分の健康状態を提示するのも当然のこと。
健康診断を受けたいという人に健康診断してくれる病院も当たり前のことをしているだけ。

なのに、なんだか不条理を感じてしまうのはなぜだろう。
お財布にあったお金じゃ足りなかったから、借用書みたいなの書いてきた。
結果をもらいに行くときに支払います。トホホ。



 
posted by: あやこ | 日々のこと(2) | 15:30 | comments(4) | trackbacks(0) |-